足立区青少年委員会は青少年の健全育成に努めます!

青少年委員会活動方針

平成2829年度
足立区青少年委員会活動方針

足立区では、平成28年2月に教育大綱を策定しました。大きな柱は、子どもたちを社会全体で支え育てていくことが欠かせないという視点から、1つ目に「誰もが子どもを支える主役」、足立区がおかれている厳しい状況もふまえ、2つ目に「貧困の連鎖を断ち切る教育」を理念実現のための重要な2本の柱としています。

その中で、私たち青少年委員が子どもたちと関わる青少年期には、ともに歩み、磨きあいながら、自身の道を切り拓く力を培うという目標が立てられています。

子どもの貧困対策が急務とされる中で、子どもたちが生まれ育った環境に左右されることなく、自ら学び、考え、課題を克服することが出来るように、学校、地域と連携して活動する「かすがい」となって、活動していくことが求められています。

足立区青少年委員会は、今後とも区の教育施策の推進に貢献するとともに、他の健全育成団体との連携強化を積極的に図り、全ての青少年が、豊かな個性と創造力を持った自立した人間として、主体的に活動し、自ら社会に参画していくための一助となるような活動を推進していきます。

そのために、以下に掲げる方針を踏まえ、行動する青少年委員として、積極的に活動を展開していきます。


1 青少年対策地区委員会をはじめとした様々な健全育成関係団体・機関・委員、および地域団体との連携を図る調整役として力を発揮し、地域の教育力の向上を目指す。

2 委員一人ひとりが、健全育成活動や学校支援のコーディネーターとしての役割を認識し、積極的な情報収集・提供に努め、「開かれた学校づくり協議会」「放課後子ども教室」「土曜事業」の運営に関わるなど、地域の状況に応じた自らの役割を積極的に果たしていく。

3 個々の委員の活動を支えるブロック活動の重要性を認識し、ブロック内の積極的な相互研修や委員活動に関する情報交換の機会の充実を図り、ブロック内の連携強化を進める。

4 各専門部およびブロックの自主性を尊重しつつ、役員会の全体調整機能の一層の充実を図るとともに、定例会や各種の事業を通じて委員会全体の求心力を高めていく。

5 青少年をめぐる社会状況や課題を理解し、足立区教育委員会の各種施策の趣旨・動向を把握し、青少年委員自らの資質や意欲の更なる向上を図り、期待される役割を果たしていくために各種研修会を開催し、委員活動の活性化を目指す。

6 委員および委員会活動の周知や青少年の健全育成の推進に向けて、全区的機運を醸成するための事業や広報活動の充実を図る。また、青少年を取り巻く地域環境の実態を把握し、地域の環境浄化に取り組むとともに、「人間力」を育む学校外活動を推進するために、ジュニアリーダー研修会等を支援する。

7 親子が家庭で触れ合う、あるいは語り合う時間をつくるために、伝統的な年中行事を家庭の中から大事に育て、かつ地域にも発信していくため「年中行事や記念日を大切にする取り組み」を推進する。

8 特別職公務員としての職責を果たすために、足立区および地域の諸活動に対し、積極的に参加・協力し、青少年の健全育成活動の推進に寄与する。


青少年委員会情報

information青少年委員会情報

足立区青少年委員会

〒120-8510
東京都足立区中央本町1丁目17番1号
TEL.03-3880-5264
FAX.03-3880-5641

http://adachi-seishounen.jp/